読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんでもないところに来てしまった

9/24  Barcelona→Morocco Fes


さて、バルセロナに帰った私たちが次に向かったのは



憧れのモロッコー*(^o^)/*



私もデイジーも、モロッコにめちゃくちゃ行きたかったので、なんとか予定を調整して、モロッコ行きを決めました!



到着したのはフェズ空港
f:id:gumigumi0107:20151104092606j:image


空港からすでに感じる異国感にテンション上がりまくり!


f:id:gumigumi0107:20151104092652j:image
あ、暑いのに…入国審査の行列が外まで…


無事、入国審査を通り、入国〜*(^o^)/*
初のアフリカ大陸上陸です。





空港からは、空港バスで市内へ向かえるとの情報を得ていたので、バス停を探すも……


あれ、全然ないね。。。


どこ?




暇そうにしてる警備員を捕まえるも、彼は英語が話せず、そばにいたおばさんが助けてくれました。






今日は祝日だから、バスはないそうよ




…………え?




聞いてない




祝日とか聞いてないですよー( ͒  ́ඉ .̫ ඉ ̀  ͒)




そして、タクシーも全然来ない。




仕方がないので、声をかけてきたボッタクリタクシーと交渉して、正規の値段で街まで連れてってもらえることに。



このタクシー、かなりのアンティーク!笑



いつ壊れるかわからないタクシーに乗りながら、今日向かう砂漠の街へのバスチケットを買いに、国営バスのsupr@tourというバス会社まで連れてってもらいました。



ここ………だよね?



うん。



閉まってる………ね。




(๑꒪ㅁ꒪๑)" 



こちらも、祝日のためお休み!?


でも私たち、すでに宿の予約を取っていたので、絶対に行かなきゃいけない。。。


とりあえず宿に電話しよう!


とマックを地図上に見つけ、マック目指して歩き始めました。


とにかく街が静まり返っていて人気が無いので、自然と早足になる私たち。



ねぇ、なんか牧場の匂いしない?


デイジー


ほんとだねー。この辺の家で飼ってるのかな??





と話してるところに





キャリアカーが通り過ぎる。




載せてたものは……



大量の動物の死骸。
たぶん。
直視できなかったのでわかりません。。。








一瞬にして固まった私たち。



今の何………?



わかんない………






そこへ通り過ぎた一台のバス



フロントガラスには、銃弾の穴



…………え?



モロッコってそんな危険な国なん!?



えー?そんな聞いたことないけどなぁ…



とにかく早くいこ!!







と歩き始めたデイジー



めぐーー!!!
ち、ち、ちーーーー((((;゚Д゚)))))))



え?



ふと地面を見ると、血が滴った跡が……



どうなってんのー!?モロッコ!!


わかんない!!







するとまた


ぎゃーーーー((((;゚Д゚)))))))


デイジーの悲鳴


みた?今の見た!?


え、何を!?


あたま!!!動物のあたま!!
ゴミ箱からでとった(꒦ິ⌑꒦ີ) 





このあとも、怖いもの見たさが先ん立つデイジーは何度も悲惨な光景を目にして


もういやや…


と完全グロッキー。



一方の私は、もともとの怖いものは見ない精神が功を奏したのか、何も目撃することなく



マックに到着しました。
f:id:gumigumi0107:20151104092810j:image
黄色いMの安心感、半端ない笑




ところが!





まさかの安定のマックにWi-Fiがない




でもとにかく宿に連絡しなきゃいけないので、近くのショッピングモールに入っているバーガーキングを目指しました。






ところがところが!






こちらは祝日で休み……





途方にくれながら、iPhoneを見ると、バーガーキングWi-Fiを運良く拾えていたので、早速宿に連絡。




でも、何度電話しても出ない。。。






半泣きの私を見て、警備員のおじさんたち


どうしたの〜?


と聞いてくれる


事情を話すものの、この人たちじゃ解決できない






そのとき、普段から旅人ブログを読むのが大好きなデイジーが思いつく。



トドラ渓谷ののりこさん※が、私らの宿のオーナーと仲良いって、誰かのブログに書いてあった!
※トドラ渓谷ののりこさんとは、モロッコのトドラ渓谷というところで宿のオーナーをしている日本人の女の人。旅人の間では、とても有名なのです。




もう藁をもすがる思いで



のりこさんの宿に電話をかけました。





のりこさんはすぐに電話に出てくれて


犠牲祭※で、全部休みなのよ〜
CTM(民営バス)なら、もしかしたらやってるかもしれないから、行ってみて
あなたたちの宿のオーナーには私が電話しておいてあげるから
※犠牲祭とは、イスラム教のお祭りで、羊を丸ごと殺し、その肉をいただき感謝するという一大行事だったのです。
だから、血や獣の死骸があったのか…


と、宿泊者でもない私たちを助けてくれたのでした。






幸い、CTMのバスは運行していて、私たちは無事、バスのチケットをgetできました。



バスの時間までは、まだかなりあったので、Wi-Fi以外は安定のマックで時間を潰すことに。 




モロッコの物価ではマックは高級。
モロッコ人の中でもセレブリティなお客さんで溢れる店内。



ようやくホッとでき
安堵感たっぷりの私たち


もう、今日は何でも好きなもの食べていいよ!

とお互いに言い合いました。


今までマックがこんなに美味しく感じたことがあっただろうか……
f:id:gumigumi0107:20151104092944j:image
美味しすぎるっ!



f:id:gumigumi0107:20151104093106j:image
ご褒美マックフルーリー!もはや何のご褒美かも不明だけど。



ここのマックは市街地から離れてるので観光客が来ることは珍しいのか


アジア人ふたり


モロッコの少年にモテまくる!


モロッコの少年たち、話しかけてくるくせに照れたりして、めちゃくちゃ可愛いじゃないかぁぁー( *´艸`)



モロッコは3大ウザい国という汚名を持っている国ですが


一体全体どこがウザいのかサッパリわからないほど、いろんな人に親切にしてもらったモロッコ初日でした( ′ᴗ‵*)



はじめはとんでもないところに来てしまったと思ったけど、一安心。



モロッコの旅の幕開けは、なかなか刺激的でした!
そして、とても旅感でてきたぞー!笑





リアルタイムではジョージアのトビリシに到着しました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
初のコーカサス地方……どきどき。


一時帰国まで、あと13日!